それぞれが秘めたる想いを胸にして

ITの発展により、これまでにないくらい沢山のIT関連のベンチャー企業が設立されていきました。将来の成功を見出すべく前段階的な企業による競争力は目覚しいものを感じさせます。そしてベンチャーというのは本来冒険をするという意味で、その言葉が転じて収益が未確定の新規事業全般についてもベンチャーと呼ばれるようになったと言われています。正に未知なる可能性への旅立ちに対して夢と期待感を胸に飛び込もうとするかのような希望に満ち溢れるネーミングだと思います。

また、そうした冒険心をくすぐる名前の由来があってこそ会社を軌道に乗り上げようとする経営者が如何に心身共に若々しい人格者であるのかを想像させて、且つ心が常にモチベーションの塊で出来ているかのような印象を与えますね。
そのベンチャー企業の紹介欄には我こそはと言わんばかりに数多くの社名を連ねています。その企業の一つで、エンターテインメントを発信し続けるクリエイティブプロバイダーの看板を掲げている会社です。会社理念としてのビジョンは「常に新しいもの、楽しいものを作り出し、社会に還元する」というスローガンで創造性を駆使して社会に役立つものを世に送り出すという強調性豊かな感じを受けました。

そしてその会社のセールスポイントは、クオリティに妥協しない考え方でもって常に最高のものを追求する精神を忘れない社風を備えています。こうした企業によるクリエイティビティの高い企業が日本をかたどっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IT文明は、エンジニアを生み出し、そしてエンジニアが生活に変化をもたらした。