生活上においての支え

IT文明が発達したことで、私達の生活にITが身近に感じるようになりました。

ITが確実に私達を希望の彼方に導いているという保証を感じている方が少なくないでしょうし、ITが現在の社会の進むべき方向性を見定めているように感じる方がいても不思議ではないと思うのです。数年前と比べて生活がしやすくなったと感じている方がいることでしょう。ITの力が、私達が日常生活を送る中で有利な状況となるように働きかけているからだと思い、電車で通勤する方がITの力によって利便性を享受していることが当たり前な時代となったくらいです。

ITが身近になったことで生活の質向上が図られたため、ITから受け取るありがたみを実感する機会が多くなったことが窺えるのです。まるでITと一心同体になったかのように感じている方がいると思い、これからもITとのつながりがあることを切実に願っていることが窺えるのです。今後にわたってIT文明が私達を支援する機会が増えていくでしょうし、ITの力があってこそ初めてできることが拡大していくことが容易に想像できるのです。ITとのつながりがある限り、ITが心強い味方として私達に末永く寄り添っていくでしょうし、IT社会から生きることの楽しさを教えてくれたように感じることが往々にしてあると考えられるのです。

ITから感じる身近さが、光の彼方へと照らし出してくれることでしょう。光を感じられる所に新たなドラマがあることを信じて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IT文明は、エンジニアを生み出し、そしてエンジニアが生活に変化をもたらした。