本当の強さとは何か

IT企業で、誰か身近に自分の力になってくれる人がいると心強く感じることがあるでしょう。IT業界も多くの人が集まる場であるため、ITの仕事をしている中でも色々なことが自分の所でも起こります。
常にベストな仕事を心がけている人にとって、その仕事を補佐してくれる人が身近に居てほしいと感じるものです。

自分一人の力だけでも窮地を乗り越えるだけの裁量があっても、誰か一人でも自分のことを気にかけてくれる人がいるだけで、仕事に立ち向かっていこうとする気持ちがだいぶ変わると思うのです。

それは、自分を気遣ってくれる人がいることで、自分はその人の気持ちに応えていこうという意識が働いていき、互いが思いやりながら仕事をしていくことが十分に考えられるからです。また、その人から勇気を貰い、あたかもその人に温かく見守ってくれているかのような気持ちを抱いていくことも考えられるのです。

自分の身近にいる人によって、この人とだったら上手くやっていけるだろう、というポジティブな気持ちになっていき、その人と一緒になって大きな仕事をしていこうとする意欲が沸き起こるのではないでしょうか。

ITの仕事をしている人の中では、職場の同僚が学生の頃からずっと一緒だったという場合があるでしょう。その同僚が昔と変わらず自分に接してくれることで、腹を割って何でも話し合える仲として打ち解けていき、同僚が身近に居ることのありがたさをしみじみと感じていくのだろうと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IT文明は、エンジニアを生み出し、そしてエンジニアが生活に変化をもたらした。